アクティブチェック

出典: Nagios 3翻訳プロジェクト Wiki

導入 Introduction

Nagiosはホストとサービスの監視が2つの方法で可能です:アクティブにパッシブに。パッシブチェックが他の場所 で説明されるので、私たちはここでアクティブチェックに焦点を合わせます。アクティブチェックはホストとサービスの監視のための最も多くの共通方法です。アクティブチェックに関する主な特徴は以下の通り:

  • アクティブチェックはNagiosプロセスで開始されます
  • アクティブチェックは定期的にスケジュールされている基準で実行されます


Activechecks

アクティブチェックはどのように実行されるのか? How Are Active Checks Performed?

アクティブチェックはNagiosデーモン|においてチェック論理によって開始されます。 Nagiosがホストまたはサービスの状態をチェックする必要があるとき、それはプラグインを実行して、チェックされる必要があるものについての情報をそれに渡すでしょう。その時、プラグインはホストまたはサービスの操作上の状態をチェックし、そしてNagiosデーモンに帰る結果をレポートします。 Nagiosはホストまたはサービスチェックの結果を処理して、必要に応じて適切な行動を取るでしょう。 (例: 通知を送ったり、イベントハンドラを実行したり、など)

どのようにプラグインが動くかについてのより詳しい情報は、ここ で見つけることが出来ます。


アクティブチェックはいつ実行されるのか? When Are Active Checks Executed?

アクティブチェックは実行されます:

  • 一定の間隔においては、check_intervalretry_intervalオプションは、あなたのホストとサービスの定義において定義される
  • 必要とされれば要求に応じる

定期的にスケジュールされたチェックは、あなたのホストまたはサービス定義にある、どんな状態のタイプ かによる check_intervalまたはretry_intervalのどちらかと等しい間隔で起こります。ホスト又はサービスがHARD状態にあると、それはアクティブにcheck_intervalオプションと等しい間隔で、チェックされるでしょう。 SOFT状態にあると、それはretry_intervalオプションと等しい間隔で、チェックされるでしょう。

Nagiosが特定のホストかサービスの最新の状態情報を得る必要性を認めるときはいつも、オンデマンド・チェックは実行されます。例えば、Nagiosがホストの可到達性 を決定しているとき、それは正確に特定のネットワークセグメントの状態を決定するために、しばしば親子ホストのオンデマンド・チェックを実行するでしょう。また、オンデマンド・チェックは、Nagiosには最も正確な状態情報があるのを確実にするために予報依存チェック 論理で起こります。

個人用ツール