カスタム CGI ヘッダおよびフッタ

出典: Nagios 3翻訳プロジェクト Wiki

導入 Introduction

あなたが、クライアントのためにNagiosのカスタムインストールをするなら、あなたはCGIsの出力でカスタムヘッダー、そして/またはフッターを表示して欲しいかも知れません。これは特にサポート問い合わせ先などをエンドユーザに表示するための役に立ちます。

それらが実行可能でない場合、それらを表示する前に、いかなる方法でもカスタムヘッダーとフッターファイルを前処理しないよう注意するのは、重要です。ファイルを含むヘッダー・フッターは、CGI出力において、簡単に中身を読んで、表示します。それは、ウェブブラウザが理解できる情報(HTML、JavaScriptなど)を含むことが出来るのみであることを意味します。


カスタムヘッダー・フッターファイルが実行可能であるなら、それらのファイルが実行されて、それらの出力がユーザに戻ったので、それらは有効なHTMLを出力するべきです。これを使用して、あなたは、nagiosディスプレイにデータを挿入するためにあなた自身のカスタム設計されたCGIを実行できます。これは、rrdtoolからddrawとコマンドメニューをnagiosディスプレイ枠に使用することでグラフを挿入するのに使用されました。実行可能な顧客ヘッダー・フッターファイルは主なnagios CGIと同じCGI環境と共に実行されます。それで、あなたのファイルは、適切な出力を産み出すためにクエリ情報、認証されたユーザー情報などを分析できます。


それはどのように働きますか? How Does It Work?

あなたは、CGIの出力でNagios HTMLディレクトリ(すなわち/usr/local/nagios/share/ssi) のssi/サブディレクトリでいくつかの適切に指定されたHTMLファイルを落とすことによって、カスタムヘッダーとフッターを含むことができます。


カスタムヘッダーは、CGI出力における<BODY>>タグの直後に入っており、カスタムフッターは、lt; /BODYとgt;タグの直前に入っている。


2つのタイプのカスタムヘッダーとフッターがあります:

  • グローバルヘッダー/フッター。これらのファイルはそれぞれ common-header.ssi と common-footer.ssiと命名されます。 これらのファイルがあると、全てのCGIの出力に含まれるでしょう。
  • CGI特有のヘッダー/フッター。CGINAMEが.cgi拡張子のないCGIの物理的な名前である場所では、 これらのファイルはCGINAME-header.ssiとCGINAME-footer.ssiフォーマットと命名されます。 例えばalert summary CGI (summary.cgi)のためのヘッダーとフッターファイルは summary-header.ssi と summary-footer.ssiと命名される。


あなたはどんなカスタムヘッダーやフッターも使用する必要はありません。あなたは言わばグローバルな、ヘッダーしか使用できません。あなたは言わば、CGI特有のヘッダーとグローバルなフッターだけを使用できます。あなたが欲しいことなら何でも。 本当に。

個人用ツール