パッシヴホストステート解釈

出典: Nagios 3翻訳プロジェクト Wiki

初めに

Nagiosがリモートソース(ディストリビュートされた、もしくはフェイルオーバーセットアップにおける他のNagiosインスタンス)からパッシヴホストチェックを受け取ったら、リモートソースによってレポートされたホストのステータスは、Nagiosの視点からホストの状態を正確に反映しないかもしれません。ディストリビュートされるフェイルオーバー監視のインストールはかなり一般的であるのと同様に、 Nagiosの異なったインスタンスの間の正確なホストのステータスを確実にするのにメカニズムを供給するのは重要です。

別天地の眺望

以下のイメージは、簡単にしたフェイルオーバー監視のセットアップの視点を示しています。

  • Nagios-Aはプライマリ監視サーバであり、すべてのスイッチやルータをアクティブに監視しています。
  • Nagios-BとNagios-C、バックアップ監視サーバであり、Nagios-A からパッシブチェック結果を受けとっています。
  • Router-CとRouter-Dは共に失敗をこうむり、オフラインです。

Router-CとRouter-Dは現在、どんなステータスにいるか? 答えはあなたがどのNagiosインスタンスを尋ねるかによります。

  • Nagios-Aは、Router-DをDOWNとして、Router-CをUNREACHABLEとして見ます。
  • Nagios-Bは、Router-CをDOWNとして、Router-DをUNREACHABLEとして見ます。
  • Nagios-Cは、両方のルータをDOWNとして見ます。

それぞれのNagiosインスタンスには、ネットワークの異なった視点があります。バックアップ監視サーバはプライマリ監視サーバからパッシブホスト状態を盲目的に受け入れるべきではありません。または、彼らはネットワークの現状に関する不正確な情報があるでしょう。

プライマリ監視サーバ(Nagios-A)からパッシブホストチェックの結果を解釈せずに、それが本当に観点に基づくDOWNである時、Nagios-Cは、Router-DをUNREACHABLEと考えるでしょう。同様に、Router-CとRouter-DのためのDOWN/UNREACHABLEステータス(Nagios-Aの観点からの)は Nagios-Bの観点からはじき出されるべきです。

Note 注意: あなたが、ローカルのNagiosインスタンスの観点から、リモートソースから「正しい」それらの状態までDOWN/UNREACHABLE状態をNagiosに解釈して欲しくないいくつかの状況があるかもしれません。例えば、分散監視環境においては、あなたは、ディストリビュートされたインスタンスがどのようにそれらのネットワークのそれぞれの部分を見るかを知るために中央のNagiosインスタンスが欲しいかも知れません。

状態の解釈を可能にする

デフォルトで、Nagiosはパッシブチェック結果からDOWN/UNREACHABLEの状態を自動的に解釈しないでしょう。あなたがもし、それが必要であり欲しいなら、あなたは、この特徴を容易にする必要があるでしょう。

パッシブホストチェックの状態に関する自動解釈は、translate_passive_host_checks変数によってコントロールされます。それを可能にしてください。そうすれば、NagiosはNagiosのローカルのインスタンスのためにリモートソースから正しいそれらの状態まで自動的にDOWNとUNREACHABLE状態を解釈するでしょう。

個人用ツール