予測依存チェック

出典: Nagios 3翻訳プロジェクト Wiki

目次

導入 Introduction

ホストとサービスの依存は、いつチェックされるか、いつ通知が出されるかを定めることができあなたにより大きな制御を可能としてくれます。 依存がモニタリングプロセスを制御するのにつかわれる際にできるだけ最新のステータス情報であることは重要です。

Nagiosはホストとサービスのための予測依存チェックが依存ロジックには通知を出すべきであるか、ホストかサービスのアクティブチェックを許可すべきかどうかについての決定をするとき、最新のステータス情報であることを保証してくれます。


予測チェックはどう動く? How Do Predictive Checks Work?

下記の図はホストの親子関係と依存に加えて、Nagiosによってモニターされているホストの基本的な図を示します。

Switch2はこの例でちょうどOKからCRITICALに変わりました。NagiosはホストがDOWNかUNREACHABLEであるかどうかについて決定する必要があるのでそれはSwitch2に近い親ノード(Firewall1)と子ノード(Comp1, Comp2, and Switch3)の平行したチェックを開始します。これはホスト到達可能性ロジックの通常の機能です。


Switch2またはMonitor1とFile1の通知やチェックのどちらに依存しているか(どちらかはこの例では重要ではない)もチェックします。 依存がチェックする前兆となるホストが使用可能にされるならば、それがSwitch2の近い親ノードと子ノードのチェックを開始すると同時に、NagiosはMonitor1とFile1の平行したチェックを開始します Nagiosは近い将来、(例えば通知の目的のために)依存ロジックをテストしなければならないことを知っているので、依存に参加するホストのために最も多くの現状情報があることを確認したい。

予測チェックがどう動くかということです。簡単でしょ?


予測サービス依存チェックはホストの代わりにサービスを扱う場合を除いて、上で説明されたのと同じように動きます。

ファイル:Predictive-dependency-checks.png


予測チェックを許可 Enabling Predictive Checks

前兆となる依存チェックはむしろオーバヘッドを含むので、許可にするように勧めます。 ほとんどの場合、依存ロジックのため正確な情報を持つメリットはこれらのチェックで使われるよけいなオーバーヘッドより価値があるのです。


予測依存チェックを許可するのは簡単です:

  • 予測ホスト依存チェックは、enable_predictive_host_dependency_check オプションで制御されます
  • 予測サービス依存チェックがenable_predictive_service_dependency_checks オプションで制御されます


キャッシュしたチェック

予測依存チェックはオンデマンドのチェックなので、キャッシュチェックの原則になりやすいです。 Nagiosを騙してホストやサービスのチェックを行う代わりに比較的最近のチェック結果を返すキャッシュ・チェックは性能の改善がはかれます。 ここでキャッシュされたチェックに関する詳しい情報を見つけることができます。

個人用ツール