外部コマンド

出典: Nagios 3翻訳プロジェクト Wiki

目次

導入 Introduction

Nagiosは外部アプリケーション(CGIを含む)から命令を処理することができ、それが受ける命令に基づくそのモニタリング機能のいろいろな用途を変えることができます。外部アプリケーションはコマンドファイル に書くことによってコマンドを提出することができます。そして、それはNagiosデーモンによって定期的に処理されます。


外部コマンドを有効にすること

Nagiosプロセス外部コマンドを有効にするために、下記内容を確認してください。

  • check_external_commandsオプションでチェックしている外部コマンドを有効にしてください。
  • コマンドチェックの頻度に command_check_intervalオプションを追記してください。
  • command_fileオプションでコマンドファイルの位置を指定してください。
  • quickstartで案内していますが、外部コマンドを含んでいるディレクトリ上でパーミッションを正しく設定します。


Nagiosは外部コマンドがないかどうかいつチェックしますか。

  • 主要な構成ファイルに関する内容 command_check_intervalによって一定の間隔で指定されます。
  • ただちにイベントハンドラを実行します。イベントハンドラがコマンドをNagiosに実行されるならば、これは外部コマンドチェックにて規則的なサイクルで即時にコマンドを発行するために実行します。

外部コマンドを使用します

Nagiosが実行中に、外部コマンドはいろいろな状況によって達成するのに用いられます。何ができるかというと、即時のサービスチェックや、ホストへの追加コメントとサービスなどを一時的にサービスチェックを抑制し、サービスやホストのために通知を抑制し、一時的に読み込ませます。


基本的なコマンド

コマンドファイル に書かれる外部コマンドには、以下のフォーマットがあります

[time] command_id;command_arguments

外部アプリケーションが外部コマンドからコマンドファイルにあるコマンドを実行します。(in time_t format) 引数 command_idとcommand_argumentsついて、どんなコマンドがNagios上で指定されているかによって変化します。


使用する事ができる(利用する方法の例も含めて)外部コマンドの使用方法について以下のURLで記載しています。


http://www.nagios.org/developerinfo/externalcommands/

個人用ツール