Nagoistasユーティリティ

出典: Nagios 3翻訳プロジェクト Wiki

目次

導入 Introduction

nagiostatsと呼ばれるユーティリティは、Nagiosディストリビューションに含まれています。それは、主なNagiosデーモンと共にコンパイルされて、インストールされます。 nagiostatsユーティリティは、あなたにNagiosのパフォーマンスを最適化する に非常に役立つ場合がある、実行しているNagiosプロセスの様々な情報を得させてくれます。あなたは人間が読み込める、またはMRTGと互換性のあるフォーマットで情報を得ることができます。

使用情報

あなたは、使用情報を得る事が出来るnagiostatsユーティリティを--helpオプションと共に実行出来ます。


確認するためのコマンド

Nagiosプロセスの実行に関する人間が読み取れる情報を得ます、実行しているNagiosプロセスの性能に関する、人間が読み込める情報を得るには、あなたのメインの構成ファイルの場所を指定するために -cコマンドライン議論でnagiostatsユーティリティを実行して下さい。下記のように: Nagiosプロセスの実行に関する人間が読み取れる情報を得ます、実行しているNagiosプロセスの性能に関する、人間が読み込める情報を得るには、あなたのメインの構成ファイルの場所を指定するために -cコマンドライン議論でnagiostatsユーティリティを実行して下さい。下記のように:

[nagios@lanman ~]# /usr/local/nagios/bin/nagiostats -c /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg





Nagios Stats 3.0prealpha-05202006

Copyright (c) 2003-2007 Ethan Galstad (www.nagios.org)

Last Modified: 05-20-2006

License: GPL



CURRENT STATUS DATA

------------------------------------------------------

Status File:                            /usr/local/nagios/var/status.dat

Status File Age:                        0d 0h 0m 9s

Status File Version:                    3.0prealpha-05202006



Program Running Time:                   0d 5h 20m 39s

Nagios PID:                             10119

Used/High/Total Command Buffers:        0 / 0 / 64

Used/High/Total Check Result Buffers:   0 / 7 / 512



Total Services:                         95

Services Checked:                       94

Services Scheduled:                     91

Services Actively Checked:              94

Services Passively Checked:             1

Total Service State Change:             0.000 / 78.950 / 1.026 %

Active Service Latency:                 0.000 / 4.272 / 0.561 sec

Active Service Execution Time:          0.000 / 60.007 / 2.066 sec

Active Service State Change:            0.000 / 78.950 / 1.037 %

Active Services Last 1/5/15/60 min:     4 / 68 / 91 / 91

Passive Service State Change:           0.000 / 0.000 / 0.000 %

Passive Services Last 1/5/15/60 min:    0 / 0 / 0 / 0

Services Ok/Warn/Unk/Crit:              58 / 16 / 0 / 21

Services Flapping:                      1

Services In Downtime:                   0



Total Hosts:                            24

Hosts Checked:                          24

Hosts Scheduled:                        24

Hosts Actively Checked:                 24

Host Passively Checked:                 0

Total Host State Change:                0.000 / 9.210 / 0.384 %

Active Host Latency:                    0.000 / 0.446 / 0.219 sec

Active Host Execution Time:             1.019 / 10.034 / 2.764 sec

Active Host State Change:               0.000 / 9.210 / 0.384 %

Active Hosts Last 1/5/15/60 min:        5 / 22 / 24 / 24

Passive Host State Change:              0.000 / 0.000 / 0.000 %

Passive Hosts Last 1/5/15/60 min:       0 / 0 / 0 / 0

Hosts Up/Down/Unreach:                  18 / 4 / 2

Hosts Flapping:                         0

Hosts In Downtime:                      0



Active Host Checks Last 1/5/15 min:     9 / 52 / 164

   Scheduled:                           4 / 23 / 75

   On-demand:                           3 / 23 / 69

   Cached:                              2 / 6 / 20

Passive Host Checks Last 1/5/15 min:    0 / 0 / 0

Active Service Checks Last 1/5/15 min:  9 / 80 / 244

   Scheduled:                           9 / 80 / 244

   On-demand:                           0 / 0 / 0

   Cached:                              0 / 0 / 0

Passive Service Checks Last 1/5/15 min: 0 / 0 / 0



External Commands Last 1/5/15 min:      0 / 0 / 0



[nagios@lanman ~]# 


お分かりのように、そのユーティリティはNagiosのプロセスに関係する多くの異なった測定基準を表わします。多様な値を持っている測定基準が、(別の方法で指定されない場合)その特定の測定基準のための最小限、最大限、そして平均の値になります。

MRTG統合

あなたは、MRTG(または、他の互換性のあるプログラム)を使用し、様々なNagios測定基準を表示するためにnagiostatsユーティリティを使用できます。そうするには、--mrtg--data議論を使用し、nagiostatsユーティリティを実行してください。 --data議論は、どんな統計がグラフで表されるべきであるかを指定するのに使用されます。 --data議論のための可能な値は、--helpオプションと共にnagiostatsユーティリティを実行することによって見つけることが出来ます。

注意: Nagiosのパフォーマンスの統計に関するMRTGグラフを発生させるのにnagiostatsユーティリティを使用することに関する情報は、ここで見つけることができます。

個人用ツール